ごあいさつ

全国各地の人気フルーツを全国にお届けする食品事業から始まった当社は、本社所在地が高知県であることから地震災害に対する防災事業を2003年からスタートしました。

近年は地震のみならず、異常気象により超大型台風、ゲリラ豪雨、洪水、土砂災害、そして火山噴火など多様な災害が多発。国や自治体があらゆる対策を進める中、「共助」は進まず、「自助」は自主防災組織の組織率は高まるが、当事者である住民の意識はなかなか高まらない現状があります。

そこで私たちは、防災事業の中核を「物売り」から社会の防災力を高める「ソリューション」にシフトし、本来の自分事である「自助力」そして「共助力」を推し進め、すべての人々が「他人事から自分事になる防災ビジネス」の創造に挑戦します。

まず、2019年にサイトオープンした「真・事業継続計画 エフサップ」は中小事業所が生き残るための新しいBCPとして作成され、なお且つ2011年にアメリカで提唱されたCSV(共通価値の創造)が組み込まれた地域の課題を解決するツールとなっています。

この「真・事業継続計画 エフサップ」には、従来のBCPシートと別に、従業員と従業員家族の命を守る「避難支援&安否確認機能」、「避難訓練機能」、「備蓄品自動検索機能」、「BtoB被災状況確認機能」など総合的な防災対策ツールとして完成されており、本来BCPが持つべき機能で見落とされていたものを備えた全く新しい事業継続計画となっております。

私たちはこれからも、全社をあげて防災力の中心が「公助から共助・自助に」、そして「公助」に頼らない防災力「共助の礎である自助」に満たされた社会を実現するまで新しい防災の形に挑戦を続けて参ります。


代表取締役社長 宮川 隆彦